葬儀」カテゴリーアーカイブ

事故で亡くなった場合の葬式

病院で亡くなった場合は医師から臨終を告げられて死亡診断書を受け取りますが、事故で亡くなった場合は違います。
事故で亡くなったら、警察の指示を受けるまではご遺体を動かさないようにします。検察の検死を受けて、死体検案書(死亡診断書)を受け取ります。
このあとは許可が下りれば、ご遺体を自宅に搬送することができます。
葬儀社に連絡すれば担当者が適切に対応してくれるので、まずは業者を決めておきましょう。
葬式を自宅で行う場合には、祭壇を設置するスペース、弔問客が出入りできるスペースが必要です。そのほか、僧侶を呼ぶ場合には休憩室や待合室も必要です。
また、お菓子やお茶を用意する必要があるので台所も使います。受付、駐車場、見送りなどにもスペースが必要です。
こういったスペースが十分にない場合には、葬儀社が提供している施設を利用した方がいいです。家から近い場所にあると、欲しいものがあった時に家に取りに帰りやすくて便利です。